更新情報

ビルダーズマガジン第104号

掲載日2005 年 4 月 15 日

bm104本号の特集:社会主義国ベトナムの都市と住宅です。また、この号からNAHBの技術講座として『コミュニテイ作りの理論と技法」を始めることにしました。これは米国における1980年代から始まったニューアーバニズムの考え方に基づいて都市開発を行うときの技術を体系的にNAHBが纏めて指導書にした者を紹介する者で、この原本は、NAHBのベストセラーになった本です。

特集記事では社会主義国ベトナムは、第2次世界大戦後、フランス及び米国から不当な再植民地化や傀儡政権による支配と、最終的には残虐鍋お南無戦争をし枯れられながらも、ホーチミンの元に国家と民族の自立を守って立派な社会主義国を建国した国で、その実情を調べて報告した。

ベトナムは目下急成長をしていて、都市は経済開発にあわせたインフラ整備も含んで大きく変貌を遂げている。その現実の釈迦奇主義国の姿の報告である。

2.表紙の言葉:アメリカンハウススタイル

--アーリーコロニアルリバイバル様式

3.アメリカンハウススタイル:クラシックスタイルのデザインとハウスタイプ

--アーr-コロニアルリバイバル様式

4.本号の特集:社会主義国ベトナムの都市と住宅

--社会主義国といわれてきた多くの国は、全体主義的で統制経済国家を考えてしまうが、ベトナムはそのイメージはなく、基本的に自由な計画経済国家で、国家統制の極めて弱い国である。人々は自由な経済活動をしていながら、働く意思があれば、どこかに必ず働く場所を得ることのできるといったどこか豊かな国である。ベトナムのけ営財成長は急速に進んでいて、社会全体に活気があり、建築活動は道路拡張計画と一体的に進んでいる。ホーチミン市の内部から郊外までの様々な都市と住宅の様子を報告した。

10.Cross Culture

--土の煉瓦の空間に、華を添える「木]:ヒバのジュマ・モスク

12プランブックのための住宅計画

--多様なデザインの住滝に治する国民の嗜好を実態調査を通して機能的に消費者嗜好を調査研究した報告

14.NAHB技術講座 第1回:コミュニティ造りの理論と技法

--コミュニティとは何か、本連載の目的本記述内容の使用方法、本連載の全体像

16.Americann  News  Pin Board

--アメリカにアイデアを求めるイギリスの住宅供給

17.カナダのオリジナルな建築 第35回

--「住宅環境に置けるユニバーサルデザイン」

18.上手なレンが工事の手引き(英国レンガ開発協会)

--現場でれデイミックスと石灰と砂を用いるモルタル作り、添加剤、レンガ済み工事、緊結金物の目的

20.新コンストラクションマネジメント講座 第7回

–マルクスの「資本論」とNAHB

21、不況期対策: NAHBの経験に学ぶ住宅建設業者の体力増強講座

--リモデリングの営業販売と「成功する9つの段階」

22.The Nostargia Home Home Plans

--小規模都市住宅

24、アメリカの不動産鑑定(アプレイザル) 際55回

ハニーメイ(FNMA),フレデイマック(FHLMC)、じみーめい(GNMA)

26。なにわ女のAMERICA,PARIS紀行

--フランス

27HICPMニュースと編集後記

28書籍注文案内


トラックバックURL:


コメント投稿




powerd by デジコム