ビルダーズマガジン

ビルダーズマガジン第105号

掲載日2005 年 5 月 15 日

bm1051本号の特集記事:ウォルトデイズニーの夢のエプコット(EPCOT:Ezperiment Prototype Of Community Of Tomorrow)の実現;熟成期に向かうセレブレイションを支えるシステムを取りあげた。このプロジェクト自体は、米国の経済が安定性長期に入って最も地に着いたし制度将来をにらんで豊かな環境を築こうとしていた。

本誌連載のNAHB技術講座:コミュニティ造りの理論と技法という全米の都市開発造りのテキストとしてベストセラーになったマニュアルが発売されたと同じ背景にある事業であった。当時日本では住宅建設五カ年計画を支えてきた住宅建設計画法の屋台骨:公営住宅、公団住宅、公庫住宅の3本柱が財政危機で崩壊し、新しい政策転換を迫られていた。HICPMは、『住宅による資産形成』の方法を調査研究をしていてこのプロジェクトに出会ったのであった。

2.表紙の言葉;アメリカンハウススタイル

--ダッチコロニアル:かつてオランダが現在のニューヨークを植民地にしており、ニューアムステルダムと読んでいた。その当時、入植したオランダ人たちが、オランダ人のアイデンテイテイを持った建築デザインで建築したものがダッチコロニアルである。その後英蘭戦争(1966年)デ、英国に委譲されヨークけのものという事でニュ-ヨークとなった。

3。アメリカンハウススチル:ダッチコロニアル

–ここではダッチコロニアルの建築物が現在でも見られる地域とデザインの特色と、具体的事例を紹介している。

4特集記事:ウウォルトでズネイの夢:エプコットの実現と、塾生に向かうセレブレイションを支えるシステム

エベネツアー・ハワードがガーデンシテイで実現できなかった夢『最初に住宅地に生活を始めた人にも、住宅地が完成した時の豊かさを享受できる住宅地の実現』を世界で最初に実現した大実験事例である。産業革命が始まったときに『人間にとって豊かな住宅環境とはどういうものか』と考えたと市計画の基本がハワードのガーデンシテイで実践された。それが20世紀末にピーターカルソープの『サステイナブルコミュニティ』として提起され、ラグナーウエスト、ノースウエストランデイングとして展開された。また、豊かな生活は人々の自由時間の主体的なコミュニティ活動をとおしてじつげんできるとしたシーサイドでのDPZによるTNDの実験が成功し、その二つの優れた点を纏めた開発がセレブレイションだったのである。本特集にはセレブレイションの全ての基本思想が掲載されている。

10.Cross Culture

–にほんにうっとり”Japann Enchanted Me”

12.アーツアンドクラフツに半を求めた対象モダン型デザイン:

–竹山清明HICPM現副理事長が、現地調査を基に住民達が住宅デザインをどのようにヒュ侵しているかという調査を基にした機能主義的な研究成果の要約

14.NAHB技術講座 第2回:コミュニテイ作りの理論と技法

--本書のアウトライン後半の開設:コミュニティデザイン、規制問題と許認可手続き、コミュニティに関する費用の支払い、コミュニティの市場調査/第1証拠建設の技術と科学

16.American news Pin Board

ボードウインパーク(フロリダ州)、ポートロワイアル(サウスキャロライナ州)

17.カナダのオリジナルな建築 第36回

--住宅開発におけるユニバーサルデザイン

18.上手なレンが工事の手引き(英国のレンガ開発境界) 第42回

--緊結金物付き査行事の適正な施行技法、断熱ー中空部充填材又は充填板、切りズ真壁

20、新コンストラクションマネジメント講座 第8回

--設けは何処から生まれるか

21.不況期対策:NAHBの経験に学ぶ住宅建設業者体力増強講座 第74回

--リモデリングの営業販売と『成功する9つの段階

22.The Nostalgia Home Plans:懐かしさを感じる注文住宅の作り方

--クラシックモダン

24.アメリカの不動産鑑定(アプレイザル) 第56回

--ファーカーマック:rんぽうのウ業抵当金融会社、民間分野のモーゲージ転換/債務と資産の関係

26.なにわ女のParis紀奇行

27.HICPMニュースと編集後記

28.書籍注文、入会案内


トラックバックURL:


コメント投稿




powerd by デジコム