更新情報

ビルダーズマガジン第109号

掲載日2005 年 9 月 15 日

bm109本号の特集記事は『アーツアンドクラフツとモリスの『レッドハウスです。

現代の世界のデザイン傾向は、合理主義から癒しを求める螺旋の展開の中で19世紀末のデザイン、別のいい方をすると中世のデザインの再評価に向かっている。『懐かしさを感じることのできるデザインが、NAHBがこの10年TNAH(ザ・ニュー・アメリカン・ホーム)の中で追求したテーマである。それを総称してインターナショナル・アーツ&クラフツとも言う。

ルネッサンスの合理主義のだザインが世界の建築を支配していたとき、ウイリアム・喪リス、ジョン・ラスキンらが英国で起こしたアーツ・アンド・クラフツハ、その後度何時載せ絶唱というルネッサンスに『三行半』を付きツィける運動や、フランク・ロイド・ライトのプレイリーの運動と呼応して19世紀末の豊かな建築運動をtんかいする原動力になった。

2.表紙の言葉:アメリカンハウススタイル

--スパニッシュコロニアルリバイバル:サンデイエゴで開かれたパナマ・カリフォルニア博覧会で一挙に話題となったスパニッシュコロニアルの復興

3。アメリカ版ハウスプラン

--小規模な住宅

4.特集記事:アーツ・アンド・クラフツとモリスのデッドハウス

--モリスは、自宅の設計を仲間のフィリップに依頼をしたが、モリスのイメージをフィリップと共有するために2人は2年間けけ手フランスに出かけ、ゴシック建築の研究をして、モリスの自宅の設計イメージを固めていった。中世文化に高い理解と愛情をもって、チョウサーのカンタベリー物語のモチーフを『巡礼の部屋や汲み取り井戸のデザインに採り入れたレッドハウスは、世界中で最も美しい住宅の一つであるとも言われている。多くのゴシックからのデザインモチーフを採り入れながら間お、この住宅はゴシックではなく、誰でもアーツアンドクラフツと感じる住宅である。

レッドハウスは、妻の不倫も会って短期間でケルムスコットマナーに生活と働きの場を移動するが、元ヨーマンの邸宅であったケルムスコットマナーはそのインテリアを中心にもリスの足したような活動の場であったことを示してくれる。

10.Cross Culture

--ワインと建築ーロイジオム

12。カナダのオリジナルな建築 第40回

--新・新築住宅市場の感覚

13.American News Pin Board

--新しい都市近隣を支えるコウハウジング(2)

14.新コンストラクションマネジメント講座 第12回

--設計見積の確認から施工工事費見積

15.不況期の対策:NAHBの経験に学ぶ住宅生産性研究会建設業者の体力増強講座 第78回

--リモデリングの営業販売『成功する9つの段階』:営業販売機能の管理

16.NAHB技術講座 第6回コミュニティ造りの理論と技法

--住宅地開発の時系列を追った出来事(1813年から1996年まで)

18.建築法規講座 第2回

--検査と検査済み証/インスペクション

19.読者からの質問のページ だい3かい

--2×4工法の特性と技術的限界

20.HICPMの催物と編集後記

 


トラックバックURL:


コメント投稿




powerd by デジコム