ビルダーズマガジン

ビルダーズマガジン第120号

掲載日2006 年 8 月 15 日

bm120本号の特集記事は「歴史の生きる洋風デザイン2 ルネッサンス様式からアーツ&クラフツ様式」である。英国における17世紀から20世紀までの代表的なエポックメーキングな建築物を通して、英国での建築デザイン遍歴を紹介した特集である。

英国が最初にヨーロッパのグランドツアーに参加して、建築家イニゴー・ジョーンズがアンドレア・パラディオの「建築四書」を英国に持ち帰ってクイーンズハウスをグリニッジに建築し、サー・クリストファー・レンが、ロンドンの火災後の復興にルネッサンス様式を使ってから、ルネッサンスデザインは、世界の英国の植民地にイングリッシュコロニアルとして普及していった。

英国のジョージアンからヴィクトリアン時代に、英国的なルネッサンス様式をベースにしたデザインが開発され、世界の建築に大きな影響を与えることになった。

2.表紙の言葉

--コンテンポラリー・サウス・ウエスト様式

3.アメリカ版ハウスプラン

--グリーク・リバイバル様式の住宅

4.特集記事「歴史に生きる洋風デザイン2 ルネッサンス様式からアーツ&クラフツ様式」

本特集では、英国最初のルネッサンス建築様式:クイーンズハウス(グリニッジ、イニゴー・ジョーンズ)、ビクトリア・アルバートミュージアム/ロイヤルアルバートホール、自然科学博物館(ロンドン中心)、チェルトナム市役所、ザ・クイーンズホテル(チェルトナム、R.W.ジェラード)、レッドハウス(ケント州ウイリアム・モリス自邸、モリスとフィリップ)、ケルムスコット・マナー(ウイリアム・モリスの自宅兼作業場:昔のヨーマン所有の邸宅を改装)などの建築デザイン歴上、エポックメーキングな建築物を現地調査した報告書である。

10.Cross Culture

--巨大な低層集合住宅「張谷英村」

13.American News  Pin Board

--増加している社会奉仕事業基金による開発

14.新コンストラクションマネジメント講座 第23回

--TQM(トータルクォリティマネジメント)その1.クオリティ(品質)とは

15.不況期対策  NAHBの経験に学ぶ住宅建設業者体力増強講座 第89回

--リモデリングの営業販売「成功する9つの段階」 給料としてび歩合給の決め方、個別の業務管理を通じて情報交流の促進

16.NAHB技術講座 第17回 コミュニティづくりの理論と技法

--地理情報システム  土壌

18.建築法規講座  第14回

--アタッチドハウス(連続住宅)の分譲後の個別建て替え

19.カナダのオリジナルな建築  第51回

--都心の「インフィル・ハウジング」

20.書籍注文書と編集後記


トラックバックURL:


コメント投稿




powerd by デジコム