サスティナブルハウス

サステイナブルハウス

掲載日2009 年 5 月 20 日

dscf4617左の写真は米国ネバダ州ネバダ州ラスベガス湖と一体に開発されたイタリアンイメージの都市開発事業です。ラスベガス湖にはイタリアのフィレンツエの街並みが造られています。一体何がサステイナブルかといえば、歴史文化を経て人々に愛されたデザインを担った建築や街並みサステイナブルなのです。

1999年に開発し、2001年に商標登録された「サステイナブルハウス」とは、次の4条件から構成されています。

サステイナブルハウスの4条件

第1.アフォーダブル、消費者がその家計支出で容易に購入できる住宅で、1っパン的には住宅ローンとして購入者の年収の2.5倍以下になること。(80%ローンを受けた人にあっては年収の3倍がその住宅生産性研究会請うにゅうっかくの限度である。

第2.バリュアブル住宅の資産価値、言い換えれば住宅市場での取引価格が維持向上する住宅。多様な消費者の住宅需要に対し、消費者が「懐かしさを感じる住宅」は、その人が帰属意識を持てる住宅であり、その人にとって宝と感じることのできる住宅である。その条件は、住宅のデザインがクラシックであることである。

第3.フレキシブル住宅に住んでいる人は毎日成長し、同じ状況に足踏みしているわけではない。人人のライフスタイルは、文明の発展と、居住者の家族の生長に対応して変化するライフスタイルの変化に対応できなければならない。代替懈怠は子供の成長により家族全員のライフスタイルは変化させられ7年ごとに大きく変化する。ライフスタイルが変化しても、容易な理もdリングで対応できることが必要となる。

第4.グリーン、居住者にとってはもとより、環境自体にとっても、地球や国や地域自体にとって健康で、安全であることを、「グリーン」ともエコロジカルとも読んでいる。地球の有限な資源を有効に大切に使うことが住宅を所有する人の財布の健康(住宅の購入価格しても、住宅の維持管理費用)の安価にになるとともに環境に対する負荷の少なくなる住宅である。

HICPMはサステイナブルハウスを1999年に開発してこり組んでから、その実現のためにCM(コンストラクションマネジメント)技術を工務店が研鑽することで、その実現に達するようにHICPMホームプラン集とCM教育に力を入れている。

 


トラックバックURL:


コメント投稿




powerd by デジコム