ビルダーズマガジン

ビルダーズマガジン第160号

掲載日2009 年 12 月 15 日

BM160本号の特集記事は「グリーンビルデイング政策に取り組むワシントン州」である。

日本では、米国が京都議定書を批准しなかったということで、米国は環境問題にちしては後ろ向きの国であるといった根拠のない誹謗を繰り返している人が多い。1990年にクリントン大統領時代に副大統領が、アル・ゴアで環境政策に積極的に取り組んだ。PATH(産・間・学のすべてが協力して、最先端技術を駆使してエネルギー問題に取り組むことを決めた政策」を強力に推進した。

その政策はブッシュ大統領時代も推進され、NAHBが進めたビルドグリーンの政策に呼応して取り組まれたLEED(リーダーシップ・イン・エナジー・アンド・エンバイロンメンタル・デザイン)は、世界で最も積極的な環境対策を推進する取り組みである。今回の特集は、その中でも最も積極的なワシントン州での取り組みを紹介した。

2.インターナショナル・アーツ・アンド・クラフツ

--A・W・Nピュージン:上祭服「ミサ式服」の詳細

3.カレント・トピックス

--住宅産業環境を世界的視野で見る

4.特集記事:グリーンビルデイング政策に取り組むワシントン州

--全米ホームビルダー協会(NAHB)は、1990年のPATHの政策意向、住宅と支障と協力して環境エネルギー問題に取り組んでおり、ビルと・グリーンの政策は、NAHBが主体と名って推進している政策である。ビルと・グリーンの政策は、住宅は建設することによって、土地と一体の不動産となるという日本以外の国の共通した認識の上で住宅を考えているため、、先ず、土地開発そのものを牽強との関係で考えるべきことを問題に市宛いる。そして、それを具体的に実施する手段としてエネルギーと環境設計を進めるための誘導政策がLEEDとしてまとめられて、それに基づいて都市開発事業や建築設計は審査されている。本号ではその概要tピサ桑ハイランドの実施例が照会されている。

8.図解 建築のデイテール

--カーペットと床

10.NAHB技術講座 (57) コミュニティ造りの理論と技法

--キャッシュフロー分析

12.新・工務店経営講座第1回

--NAHBのコンストラクション・マネジメント

13.読者からの質問 台51回

--行政事件:「原告適格」と「審査会」前置

14.HICPM・GKK共催ツアーとセミナーのご案内

16書籍注文外編集後記



トラックバックURL:


コメント投稿




powerd by デジコム