ビルダーズマガジン

ビルダーズマガジン第160号

掲載日2010 年 1 月 7 日

BM160

日本経済の状況は、HICPMの計にも影響を与え、今月(2009年12月)から雑誌の想定、印刷の全てに経費削減のも直しをすることになり、表紙も白黒2色のものになり、基本的にHICPM内部原稿で製作することになりました。この時代に置いてHICPMのこれまで提供してきた情報こそ、活用されるべき情報と考え、雑誌は想定こそ変更しましたが似ようは基本的に従来度踏襲していきます。

本号の特集記事は「グリーンビルデイング政策に取り組むワシントン州」をとりあげました。これはCO2削減がCOP15の課題として世界全体の過大となっていることから、LEEDを使って、世界でも最も先進的な取り組みをしている米国の状況を特集しました。この記事の内容は、2009年HICPMがグローバル研修企画と実施した米国の住宅エネルギー対策の調査を実施したものの報告です。

2.インターナショナル・アーツ・アンド・クラフツ:

--A・W・N・ピュージン:上祭服(ミサの式服)の詳細(1848年製作)

3。カレントトピックス

--住宅産業環境を世界的視野で見る:ベルリンの壁崩壊20周年祝典・平成の鎖国「小泉内閣時代」

4.特集記事:グリーンビルデイング製作に取り組むワシントン州

--日本では、米国が京都議定書にサインをしなかったことで、米国の地球環境に対する取り組みは遅れていると勘違いしている関係者は多い。しかし、米国は1990年クリントン時代に、アル・ゴア副大統領が中心となってPATH(パートナーシップ・フォー・アドバンシング・テクノロジー・イン・ハウジング)政策が取り組まれ、それがブッシュ大統領時代にはLEED(リーダーシップ・イン・エナジー・アンド・エンバイロンメンタル・デザイン)政策として、技術基準を運用とを明らかにし、エ練るルギー対策に取り組んできました。

その到達目標も、太陽光発電技術が軌道に乗ったことから、当初は、1990年に対して、新築50%、既存住宅、30%カットという目標を立てていたことなら、現在では、「住宅の暖房用エネルギー費用ゼロ」を目標にした住宅が建設されるようになっています。その店では西欧に比較して遜色がないどころか、先行していると見るべきです。

本号ではLEEDを活用した実践的な取り組みの説明とあわせて、ワシントン州の中で最先端的な取り組みとしてイザクワハイランドの計画について説明をした。イザクワは、費用対効率の最上の開発を目ザ費手、需要階層をグルーピングし、隊商改装ごとのライフスタイルに見合った住生活を営めるようにけいかくされちる。

8.図解建築のデテール

--カーペットの床の構成

10.NAHB技術講座(57)コミュニティ造りの理論と技法

キャシュフロー分析、特殊な地域での資金供給

12.新・工務店経営者講座:NAHBのコンストラクション・マネジメント 第1回

--建設業は、「建設サービス業」か「不動産製造業」か

13.読者からの質問台51回

--行政事件:原告適格と「審査会」前置

14.HICPM・GKK共催ツアーとセミナーのご案内

--長期優良住宅・100年定期借地権現場視察ツアー&セミナー

16.書籍注文書と編集後記

--NAHBテキスト(翻訳解説本。50%引き)




トラックバックURL:


コメント投稿




powerd by デジコム