ビルダーズマガジン

ビルダーズマガジン第161号

掲載日2010 年 1 月 15 日

BM161本号の特集記事は「アイルランドへのグリーンツーリズム」です。アイルランドは「要請の国」と呼ばれるように、昔から多くの神話や民話があり、アイルランド人・ラフガデイオ・ハーン(小泉八雲)が、「奇談」、「怪談」で書いた話と同様の民話伝説の詰まった国がアイルランドです。その止め、アイルランド人は最も日本に近い信条を持っている国とも言われます。「蛍の光」野本になった曲は、はアイルランドの民謡を元に作詞作曲されたものです。

テロ組織のように英国に言われてきたIRA「アイリッシュ・リパブリカン・アーミー」は、英国による支配をするために英国がプロテスタントを使ったカトリック教徒に対する差別支配をしてきたことに対する対抗組織です。アイルランド人は、英国による弾圧から、虐げられた人への同情や、共感が津夜、9.11のときの消防隊の多くはアイルランド人であったといわれる。そのアイルランドのは、ヨーロッパ各地から観光客が集まっている。経済成長をし、バブル崩壊で縮小したアイルランドに、人々が集まるその秘密を報告する。

2.インターナショナル・アーツ・アンドクラフツ

--A・W・N・ピュージン:壁紙とタイルのデザイン

3。カレント・トピックス

--9兆円の税収欠陥と赤字国債

4.特集記事:アイルランドへのグリーンツーリズム

「お金をかけないで豊かさを享受できる社会の実現」

--現在ギリシャの経済破綻が問題にされ、それに方を並べる財政債務の大きい国としてPIIGS(豚)が大きな問題になっている。ポルトガル、アイルランド、イタリア、ギリシャとスペインの5カ国である。この生地がかかれたときには、既に米国のバブルは崩壊し、奇跡の経済成長を遂げたといわれたアイルランドは、すでにけいきはかこうきょくめんにはいっていた。しかし、あいるらんどは、ながいエお国による弾圧と食糧危機を経験した国であるだけに、冒頭に掲げたような生き方がライフスタイルになっているのではないかと考えられる程、自らの歴史文化に対し、誇りを持って生きている。自国野歴史文化に誇りを持てるということは、国民が豊かな人生を送る上で大切なことであることを学ぶことができる。

8.図解建築のデイテール

--カーペット

10.NAHB技術講座「58」コミュニティ造りの理論と技法

-マーケテイング・コミュニティ「住宅地の営業販売」

12.新・工務店経営者講座:NAHBのコンストラクションマネジメント 第2回

--カスタマー・リレイション「顧客管理」

13.読者からの質問 第52回

最高裁判所は「法律違反」をしてよいか

14.HICPMtpGKK共催ツアーとセミナーのご案内

16書籍注文と編集後記


トラックバックURL:


コメント投稿




powerd by デジコム