HICPMセミナー解説資料

アグリカルチュラル・アーバニズム

掲載日2010 年 8 月 3 日

アグリカルチュラル・アーバニズムマルサスが「人口論」を発表したとき、人口は食糧生産によってその上限か決められるというマルサスの学説は地球上の真理と考えられていた。しかし、産業革命が、「マルサスの人口論」によることがない事を芳名してから、「マルサスの人口論」は古い時代の考え方を象徴する言葉のように使われてきた。しかし、近年になって,発展途上国が急成長を始め、食糧消費量が急拡大する一方、先進工業国では、発展途上国の賃金に押されて、その賃金は一貫して下落傾向を辿っている。そのため、家計支出は苦しくなり、その皺寄せは食糧に向けられている。ソンアカで、先進工業国では、マルサスの人口論が現実味を帯びてきた。マルサスの時代に理想国家として描かれた国が、とマス・モアの会rた「ユートピア」である。ユウートピア国の経済理論はマルサスの人口論で、そこでは国民は小学生の時代から農業を学び、自給自足の生活を理想と考えている。アグリカルチュラルアーバニズムは、正に新しい先進工業国の都市計画を農業との一体の中で実践すべきとする理論で、欧米では多様な形で取り組まれている。本書は、著者が世界を廻って検証したことも元にアグリカルチュラル・アーバニズムとはどのようなものかを明らかにした調査報告である。その中にはアメリカ合州国アリゾナ州フェニックス市で取り組まれた「アグリトピア」の面白い実践例が照会されている。HICPM編集著作:タイプ打ちコピー版2,000円)


トラックバックURL:


コメント投稿




powerd by デジコム