ビルダーズマガジン

ビルダーズマガジン第168号

掲載日2010 年 8 月 5 日

BM168号本号の特集では「ソートンプレイス」を取りあげました。1980年に入ってピーターカルソープがカリフォルニア大学バークレイ校で「サステイナブルコミュニティ」のセミナーを実施し。新しい都市計画が国民の生活を中心に考えなければならないことを明らかにしました。その後カルソープはスプロールした都市をどのようにサステイナブルなコミュニティにするかに関し、TOD’トランジット・オリエンテイッド・デベロップメント)という概念を提起しました。それは徒歩圏としてコミュニティを形成し、それをトランジット(シャトル大量輸送機関)によって、都心につな技、都心では無償のトランジットが運行されているという新しい都市交通システムを提起しました。

ソートンプレイスはその代表的な事例であるとともに、米国が官民を阿賀て取り組んでいく環境政策グリーンビルドの実践としてLEED(リーダーしぷ・フォー・エな字・アンド・エンバイロンメンタル・デザイン)の最先端事例として取り組まれたプロジェクトである。不幸にも、この事業が完成したときに米国の住宅バブルが崩壊し、この事業はその影響をまともに受けてしまった。

2.インターナショナル・アーツ・アンド・クラフツ

--ジョン・ラスキン:どんぐりに木の葉の宝冠

3.カレントトピックス

--は富山と偉人と民主党の歴史的認識

4.特集:ソートンプレイス:住宅バブル崩壊後の野心的事業

--コミュニティのプロジェクトは、都市交通、河川環境、ビオトープによる環境改善、鮭の遡上、居住者の生活を中心に置いたニューアーバニズムという現代の新しい都市開発に関係する問題を包括的に取り組んだ意欲的な事業として、これからの都市開発として取り組むべき問題と解決の方向を示した事例である。住宅生産性研究会計画もバブル時代全米をひきつけていたロフトのデザインを駆使たものである。

8.図解。建築のディテール

--弾性床

10.長期優良住宅実現の途・住宅生産性研究会資産形成のための「三種の神器」

--第五回:住宅地の文化生産性:住宅地開発をするためにはその土地が過去から伝代まで如何なる文化を育んできたか、という土地自体の固有の性格として、土地が育んできた文化の歴史を調べることが重要である。

12.アメリカン・ハウス・スタイル

--ザ・ヤング・リパブリック様式

14.新コンストラクションマネジメント講座第9回

--住宅生産は価値の創造:住宅生産性研究会の価格公正・不変資本と可変資本

15.読者からの質問(59):

--開発許可に関する原告適確:開発許可処分自体に異邦仮名寝れば、原告適格となる原告は存在しない

16.書籍注文・編集後記

--書ks期割引。新定価の設定


トラックバックURL:


コメント投稿




powerd by デジコム