実績報告

長期優良住宅先導的モデル事業と「三種の神器」

掲載日2010 年 11 月 12 日

DSC00153長期優良住宅先導的モデル事業まちづくり部門で採択された事業のうち2つの事業(四日市アサヒグローバル(株)「泊山崎ガーデンテラス」及び横浜市工藤建設「ガーデンヒルズ」)は、HICPMが計画作成に当たってコンサルタントをした事業です。このいずれも平成19年度にハウジングアンドコミュニテイ財団でNPO法人住宅生産性研究会が指導して取り纏めた「超長期住宅地経営管理マニュアル」(住宅生産性研究会発行、定価15,000円)で明らかにした住宅地経営管理の「三種の神器」をベースに取りまとめたものでです。

此処にこの二つの事業でまとめた成果を紹介します。

(泊まり山崎ガーデンテラス)

泊山崎ガーデンテラス















(ガーデンヒルズ)ビルダーズマガジン第155号

特集記事:超長期優良住宅地経営管理マニュアル「三種の神器」とクロスカルチャに掲載

MX-3100FN_20101112_125857_001


トラックバックURL:


コメント投稿




powerd by デジコム