ビルダーズマガジン

ビルダーズマガジン第172号

掲載日2010 年 12 月 13 日

BM172号本号の特集記事は世界の牽強都市として最も高い関心をもって多くの人びとを惹きつけているフライブルグについての報告をまとめています。わが国では、HICPMによって米国のニューアーバニズムの検討が取り組まれ、その第一号(アサヒグローバル「泊山崎ガーデンテラス])と2号(工藤建設「ガーデンヒルズ」)が長期優良住宅(街並み部門)で採択され、多くの人の関心をひきつけています。その取り組みを勧める家庭で、ドイツのフライブルクの環境都市を研究しようということでグローバル研修企画とHICPMが共同で今年2度にわたってフラブル区の現地調査を実施しました。コミュニティの調査には、目下福岡でニューアーbにズムの計画としては日本で第3号(大建「荻の浦ガーデンサバーブ」」を取り組んでいる(株)大建「松尾社長」「ビオトープを取り入れるためにフライブルク同行しその調査研修した成果は、早速九州大学との共同研究という形をとって、開発計画に採り入れられることになりました。本号は、フライブルクが「長期優良住宅を建設する上で重要なヒントを与えてくれていることを紹介しています。

2.インターナショナルアーツアンドクラフツ

--ウイリアム・モリス:サビールチエアー(肘掛け椅子)

3.カレントトピックス

--中国人権活動家にノーベル平和賞

4.特集:フライブルグの都市と住宅

100年以上の長い歴史と文化を誇る南ドイツの中心都市フライブルクは、シュバルツバルト(黒い森)からの豊かな水を市街地の際が色にまで導きいれ、自動車の都心への侵入を制限し、全市域8路線に7分間隔で往来する路面電車を播磨暮らし、人々が街並みを見ながら都心にでかけショッピングを楽しむことのできる町を造っている。その歴史文化を新開発住宅地(リーゼンフェルト)やフランスに占領されてその後返還されたフランス軍基地ボーバンの再開発に置いて、住民主導のまちづくりを、歴史文化の伝承とエネルギーとエコロジーを重視したまちづくりに活かしている。Bプランとコーポラテイブを大きな街造りの手段として利用した住民主導のまちづくりが進んでいる。特にドイツ中でもっとも 日照時間が長いところであることからソーラー事業が盛んで、ドイツの中の中心的なソーラー事業の取り組まれているところでもある。この特集記事は、フライブルクがドイツで最も注目されているエコロジカルなまちづくりとされている秘密を現地調査を通して明らかにしたものである。

8.図解:建築のディテール)42)

--もくせい床材(ストリップとプランク)

10.新連載:長期優良住宅実現の途・住宅資産形成のための「三種の神器」第9回

--住宅開発地の土地法人所有と管理:ガーデンシティを著したエベネツアー・ハワードが住宅地経営として最も重要なこととして住宅開発地全体は、一つの有機的な機能を発揮することができるために、一人の法人土地所有でなければならないことを明らかにし、最初のレッチワースガーデンシティに置いて、レッチワースガーデンシティ株式会社が買いは土全体の土地所有者となり住宅地を開発した。一人の法人土地所有者が土地を所有し管理することが資産価値の維持向上する住宅地経営に以下に重要であるかということを明らかにしている。

12.アメリカンハウススタイル:

--スイスコッテージ:ビクトリアン時代に英国で人気の高かったスイスコテージ

14.新コンストラクションマネジメント講座第13回

--コストコントロール)原価管理)

15.読者からの質問(第63回)

--「一団地の住宅施設」と「建築基準法第86条」

16書籍注文/編集後記



トラックバックURL:


コメント投稿




powerd by デジコム