ビルダーズマガジン

ビルダーズマガジン第176号

掲載日2011 年 4 月 8 日

MX-3100FN_20110408_145635_001本号の特集記事は、今年1月、フロリダ州オランドで開催されたNAHB(全米ホームビルダー協会)IBS(インターナショナル・ビルダーズ・ショウ)の代表的な屋外モデルホームザ・ニュー・アメリカン・ホーム(TNAH・2011)です。昨年は景気の悪さも関係してTNAHは実物のモデルホームtしては実施できず、コンピューターグラフィックでしたが。今年は、景気がまだ上向いていないにもかかわらず実施できました。TNAH・2011は、毎年の米国の住宅産業向けの技術とデザインの水を結集したモデルホームという事で非常に学ぶことの大きい事業です。HICPMのビルダーズまg人でも。真似ん紹介してきました。今年は、で切るだけ写真画像を中心に豊かな情報をお伝えしようと限られた4ページをテーマごとに見てもらえるように編集しました。私自身実物も良く見てたくさん写真を映してきましたが、網位置でこのような形で編集して見ると、本当に驚くほど多くの知識や景観が詰まっているのだなと驚きました。是非本誌をじっくりご覧頂きたいと思います。

2.インターナショナル・アーツ&クラフツ

---もリス&カンパニー「本棚(ブックケース)

3.カレントトピックス

---アラブ革命と情報公開:チュニジアに端を発したアラブ革命は、エジプトのムバラク大統領を退位させ、カダフィーをめぐって内乱が起こっています。コミュニティの問題は、中国からロシア、日本にも大きな影響を与えることになりそうです。

4.若本修治のレポート

---原価公開とCMの関係

5.黒瀬洋のレポート

---レンガを使った住宅生産性研究会事例紹介:高杉建設(株)式会社

6.特集:ザ・ニュー・アメリカン・ホーム(NAHB・IBS・TNAH・2011)

---今年の計画ではエネルギーが重視された豪邸で、特に住宅の中から屋外の眺望を重視した計画がなされている。住宅計画の中心は、大きく2つある、その一つが、マスタースイーツ(夫婦の主寝室)を中心にした空間、もう一つがハブアンドスポークと呼ばれるキッチンをハブにした住宅の計画である。また定住した世帯がライフステージの変化にあわせて、最も適当なライフスタイルを享受する方法として、子供の成長に合わせ、、特に成人に移行するときの空間として、キャリッジハウスと呼ばれる車庫の上空空間を半独立した形で利用する空間としてつくり、そこの空間利用を下宿にしたり、成人した子どもの部屋にしたり、新婚時の住居にしたり、老親の住居にするなど変化させることでライフステージの変化に対応した住空間とする取り組みがなされている。

10.竹山清明の街並み講座

---ペインテイッドレイディ:しょみん住宅による町並み

11渋谷征教による「街並み講座」

---分譲住宅地作りのコンセプト

12.図解建築のディテール(46)

---タイルと石積み

14.長期優良住宅実現の途・住宅資産形成のための「三種の神器」

---第13回ニューアーバニズムの思想とその源流

16.アメリカンハウススタイル:エキゾティック・エレクティック

---エキゾティック・エレクティック

18.新コンストラクションマネッジメント第17回

---生産性と企業利益

19。読者からの質問(67)

---土地の現物出資と譲与税

20。書籍注文、編集後記



トラックバックURL:


コメント投稿




powerd by デジコム