サスティナブルハウス

サスティナブルコミュニティミュニティの実現

掲載日2011 年 5 月 16 日

MX-3100FN_20110516_131852_001サスティナブルコミュニティ研究会編著

『サスティナブルコミュニティの実現』

この本は、住宅生産性研究会が1999年に「サスティナブルハウス」の開発に取り組んだ12年にわたる取り組みの成果として、住宅生産性研究会による資産形成を実現するためのHICPM会員による実践の成果を、欧米の住宅による資産形成の理論と実際の応用、読み替えの成果としてまとめた本です。

近代以降の欧米における住宅による資産形成の取り組みの、産業革命とともに、『工場町』の建設に始まり、ハワードによる『ガーデンシティ』の開発、米国におけるラドバーン開発を経て、体系だてられて住宅地経営手法として確立しました。

それが住宅地経営における『三種の神器』と呼ばれるものです。

本書は、前頁に写真または図版とその解説をカラーで掲載したもので、誰にでも理解し易く、読みやすいということを目指してまとめたものです。

定価.1,500円、HICPM会員10%割引とし、送料はHICPMで負担する。

取り扱いは、NPO法人住宅生産性研究会及び、+HICPM




コメント投稿




powerd by デジコム