ビルダーズマガジン

ビルダーズマガジン第183号

掲載日2011 年 11 月 11 日

MX-3100FN_20111111_134813_001本号の特集はアタッチドハウスと「荻裏ガーデンサバーブ」である。特集の意図は、わが国の地価が土地担保金融になっているため、金融機関にとって地価下落は担保不足に成る危険が高いことから地価公示制度に圧力をかけて、公示地価を操作してきたため、地価が高止まりしている。どっようのことは、日本の高賃金を嫌がって多くの産業資本は労賃の安い海外に流出し、国内の雇用機会が減少の一途を辿っており、雇用機会減少し、賃金が引き下がり、税収が低下している。そのため国、地方とも土地税依存が強まり、地価を上げないと財政上困るという曲面に来ている。耕地化に置いて地価の影響を住宅に及ぼさない方法としてリースホールドがあるが、それと並んで土地利用密度を高めることが必要となる。土地利用密度を高めても、住環境を悪化させず、むしろ向上させる方法として、タウンハウスと言うアタッチドハウスの利用を考える必要がある。本号では、現在福岡で㈱大建が取り組んでいる「荻裏ガーデンサバーブ」の事業でも取り組んでいる方法である。本号はそれを取り扱った。

2.インターナショナル・アーツアンドクラフツ

---A/Hマクムルド:壁の装飾のためのデザイン

3.カレントトピックス

---低濃度放射能による内部被爆:福島原子力発電所の周辺で低濃度放射能による問題が大きな問題になっている理由を紹介した。

4.若本修治のレポート

---風通しのいい住まいがほしい?

5.黒瀬洋のレポート

---レンガを使った住宅の事例紹介:田村建設

6、特集:アタッチドハウスと「荻裏ガーデンサバーブ」

本報告書では約35年ほど前住宅金融公庫が米国のタウンハウスの十世紀に倣って2×4工法タウンハウスも出る事業を展開した。それは、米国で2×4工法とドライウウォール工法とが、木造大火建築物を実現することになって、ランドプランニングを用いた2かける工法によるタウンハウスによる高密度で優れた住宅地を安価な価格で供給することができることになって、爆発的に拡がった。この成果を住宅金融公庫は日本の住宅地開発に適用しておおきなせいかをあげた。その秘密はアタッチドハウスにすることにより、じゅうらいまでの住宅地開発に比べ50%-100%余分に住宅を供給することができて、地下による影響を減少することに成功したことにある。

HICPMはこれまで、住宅地の環境形成と住宅地経営をするためにニューアーバニズムによる「三種の神器」による開発を推進してきた、横浜の「ガーデンヒル」、四日市の「泊山崎ガーデンテラス」など、の優れた計画をさらにもう一歩前進させた計画として福岡権威都市まで「荻裏ガーデンサバーブ」として目下開発中である。この計画のいてもアタッチドハウスを採用することで優れた開発の実現を成功裏に進めている。本号では30年前に住宅金融公庫が進めた2×4工法によるタウンハウスとランドプランニングと現在「荻浦ガーデンサバーブ」を比較してアタッチドハウスとしての取り組む必要を解説した。

10.竹山清明の街並み講座

---ポート・ドゥ・モントレユ社会住宅の街並み

11.渋谷征教による「まちづくり」講座

---住宅デザインのポイント

12.図解 建築のディテール(53)

---キャビネットとカウンタートップ

14.長期優良住宅の道・住宅資産形成のための「三種の神器」

---第20回、ビレジホームとアースシェルタード・ビルディング

16.アメリカンハウススタイル

---チューダー様式

18.新コンストラクションマネジメント講座 第24回

---建設現場の工事監理

19.読者の質問 (74)

---長屋とタウンハウスとアタッチドハウス

20・編集後記




コメント投稿




powerd by デジコム