ビルダーズマガジン

ビルダーズマガジンダイ187号

掲載日2012 年 3 月 13 日

MX-3100FN_20120313_135549_001本号の特集記事は、「ラ・ツアー・ダイカンヤマ法律違反実行のカラクリ」です。この事件は、都市計画法及び建築基準法違反をめぐって、目下、最高裁判所で審理中の事件を取り扱ったものです。第2種低層住居専用地域と言う都市計画法による地域地区似定められた都市計画法及び建築基準法に違反して、高さ18メートル、建ぺい率74%、容積率243%ト言う巨大な建築物を、幅員4mで構成された市街地の中に建設しました。本来的に1棟の建築物を10棟の建築物であると虚偽の申請をし、その後10棟の建築物を一団地の住宅施設であるとショウして、建築基準法第86条を適用した。しかし、予定した違反建築物に仕立てるためには建築物の高さ緩和を手に入れるために、建築基準法第59条の2の総合設計制度を持ち出して、実際は周辺地域では「お邪魔虫」と言われる開発を、「周辺地域に駅のある開発計画であるとうそぶいて、都市計画法及び建築基準法違反をやって、高さと容積違反を澁谷区長が率先してやって退けた事例である。

P1.表紙:トーマス・ジェファソン「モンテセロ」

2.インターナショナル・アーツ・アンド・クラフツ

---A・H・マックムルド:織物による壁掛け

3.カレントトピックス

---震災復興と戦災復興の教訓

4.若本修治のレポート

---上空からみれば、環境負荷が見える?!

5.黒瀬洋のレポート

--- レンガを使った住宅事例紹介:これまでの総括

6.特集:ラ・ツアー・ダイカンヤマ法律違反実行のカラクリ

---住友不動産株式会社は、設計者日建設計と結託し、澁谷区長を抱きこんで、建築基準法と都市計画違反をすることで、都市計画法で決められている土地利用規制に違反して高さ制限と建ぺい率及び容積率違反による違法利益を手に入れようとした事業である。このような違反を実施することにより、通常より大きな床面積の建築物を作ることになり、事業主が大きな利益を上げることができる。渋谷区は住民税及び固定資産税を拡大することができるため地方自治経営の改善と言う視点で違反を容認してきた。

10。竹山清明の街並み講座

---安養寺地区の景観改善モデル

11.澁谷征教による「街づくり」講座

---住宅デザインのポイント

12.図解 建築のディテール(57)

---キャビネット・アンド・カウンタートップ

14.長期優良住宅実現の途・住宅資産形成のための「三種の神器」

第24回:ニューアーバニズムを採用したHOPEⅥ計画:ハイポイント

16.アメリカンハウススタイル

---プレイルー様式

18.入門・CM(コンストラクションマネジメント)講座

---第1回 始めてCMを勉強する工務店のための講座

19.読者からの質問(78)

---「一敷地」、「一団地の住宅施設」、「総合設計制度」による違反幇助

20.書籍注文書・編集後記





コメント投稿




powerd by デジコム