イベント情報

東北大震災復興支援現場視察セミナー=米国ワシントン州政府/HICPM共同企画=

掲載日2012 年 4 月 13 日

~仮設住宅・復興住宅市場の現状とコミュニティ再生の展望を考察~

多大な被害を被った東日本大震災から1年が過ぎ、日本国内でも新たな首都直下地震や東南海地震などの可能性が指摘されています。ワシントン州においてもM9級の米国北西部地震が50年以内に起るとされており、日本の皆様と同じく東日本大震災から得るべき教訓があります。今回の視察では住田町役場と陸前高田の工務店の現場を訪問し、仮設住宅建築の経緯と課題を行政・民間の双方の視点から視察し、また復興住宅市場と安全なコミュニティの再生・新たなまちづくりの現状と展望を考察します。日米双方に起りうる災害について共に学び将来の対策を考え、また建設業関係者として東北の復興に貢献できる機会を探る視察ツアーです。

◆日 時: 平成24年6月1日(金) 09:00~18:15

◆集合場所・時間: JR盛岡駅 09:00

◆視察地: 岩手県住田町、陸前高田市

◆同行講師: 戸谷英世(NPO法人住宅生産性研究会理事長)

◆参加費: ¥20,000(住宅生産性研究会会員) ¥25,000(一般)

参加費から一人当たり¥5,000を東北復興義援金として寄付させて頂きます。

◆共同企画: 米国ワシントン州政府商務局、 NPO法人住宅生産性研究会

◆研修実施: 株式会社グローバル研修企画 (TEL:03-3230-4876)

◆プログラム:

09:00 JR盛岡駅集合・出発

午前 ・車中セミナー=戸谷団長より復興住宅と安全なコミュニティ再生のありかた

午前 ・住田町役場訪問=仮設住宅の現場視察

午後 ・陸前高田市視察=地元工務店の案内により仮設住宅の現場視察及び復興住宅とコミュニティ再生についての話を伺う

午後 ・車中セミナー=戸谷団長より研修のまとめと今後の展望について

18:15 JR一ノ関駅着・解散

詳しいパンフレットと参加申込書はこちら>>>東北現場セミナー開催のご案内(PDF)



コメント投稿




powerd by デジコム