ビルダーズマガジン

ビルダーズマガジン第192号

掲載日2012 年 8 月 8 日

MX-3110FN_20120808_094725_001本郷の特殊は、「英国の未来像」とパウンドベリー開発です。「英国の未来像(ヴィジョン・オブ・ブリティン)」は、英国のチャールズ皇太子が1987年にBBC放送で英国の都市・建築・住宅に関する現代の取り組みに対する文化論批判を行ったときのBBCの番組の名前であり、その後そのTV放映を冊子として出版したときの単行本の名前でもあリます。TVの視聴者の99%がチャールズ皇太子の主張に指示を与えたといわれます。

チャールズ皇太子が現代建築やそのデザインに対しクレームを付けた理由は、住宅・建築・都市は歴史文化の所産であって、過去と縁を切った目新しさ、昨日、性能といった効用でもって評価されるべきものではない。そしてちゃーるぞ皇太子は「私たちが守るべき10の原則」というアーバンヴィレッジ運動の原点となる提案し、その原則をプリンス・オブ・ウエールズ自らの所有するコーンうをーるにある領地パウンドベリーで実践したものである。

2.インターナショナル・アーツ・アンド・クラ仏

---ウォルター・クレイン:ダッファディルとブルーベル柄のカーペット

3.カレントトピックス

---東日本大震災復興事業とHICPMの提案

4.若本修二のレポート

---展示場のモデルハウスと1億円かけての改装!?

5.レンガ住宅・街並み景観:

---ニューアーバニズムとレンガにお街並み:アサヒグロール株式会社「泊山崎ガーデンテラス」

国土交通省第1回長期優良住宅モデル事業(街並み部門採択事例)3,500㎡の敷地に800平方メートルの公園を持つ住宅地。

6.特集「英国の未来像」とパウンドベリー開発(アーバンビレッジ)

---前回から紹介している英国皇太子の領地で実践されているパウンドベリー計画のマスタープラン(地図)と計画の全貌を紹介した。この計画は2002年から2025年を目標にアーバンヴィレッジ運動の大規模な実践事例として江界の関心を集めて取り組まれている事業である。コーンウヲール地方の歴史と文化を再評価してそれらを未来の都市づくりに向けて繋いでいこうとする取り組みである。

10.竹山清明の街並み講座:

---アムステルダム運河に面する街並みの空間

11.渋谷政協による「街ずく理講座

---住宅デザインのワン・ポイント・アドバイス

12.図解建築のディテール(62)キャビネットの取り付け:

---キャビネットとカウンタートップ

14.長期優良住宅実現の途・住宅の資産形成のための「三種の神器」

---第29回「驚異の街づくり」19世紀末の歴史文化の土台

16.アメリカン・ハウス・スタイル:

---スパニッシュミッション様式

18.新CM(コンストラクションマネジメント)入門講座第6回

---NAHB:ホームビルダー20:

中小零細なホームビルダーが協力してジャイアントビルダーに互角の戦いを挑むこと

19.読者からの質問(83)

---都市計画法と建築基準法の「姉妹法の関係」(その2)天空率と街並み景観

20書籍注文・編集後記




コメント投稿




powerd by デジコム