イベント情報

農業を取り入れた街づくり視察研修会(千葉)<農園リゾート居住/牧場・菜園付シニア向け賃貸住宅>

掲載日2012 年 10 月 31 日

西欧ではクラインガルテンやアロットメントおよびグリーンツーリズムが都市住民の農業へのかかわり方として、取り組まれてきました。米国ではそれらとともにアリゾナでのアグリトピアのような農住一体の優れた開発が実践されています。

日本でも各地で農業と住宅を結び付ける取り組みがされてきました。今回見学する事例は、東京圏で実践された高齢化熟成社会の都市生活および懐かしい農村文化生活と農業経営とを融合して、豊かな空間デザインを享受できる生活空間創造の事例です。現代社会に潜在する農村生活と都市生活を両立させる需要を顕在化した事例として、今後の取り組みに参考になると確信しています。

◆ 研修日 : 2012年12月5日(水)

◆ 研修地区 : 千葉県

◆ 団 長 : 住宅生産性研究会理事長 戸谷英世

◆ 費 用 : 一般 ¥25,000  住宅生産性研究会会員¥20,000

◆ 参加定員 : 20名様

◆ 申込締切日 : 11月28日(水)

◆ スケジュール:09:30東京駅集合~君津市(カズサ愛彩ファーム・愛宕パークヴィレッジ) ~佐倉市(プチモンドさくら)~18:00東京駅前解散

◆ 視察先 :

◎カズサ愛彩ガーデンファーム=東京からアクアライン経由で1時間で行ける約1万坪の大規模な体験型リゾート農園

◎愛宕パークヴィレッジ=カズサ愛彩ガーデンファームに隣接した農園リゾート開発。野菜栽培などを通して健康的なアクティブシニアタウンを目指す。

◎プチモンドさくら=クリニックモールと自由市場が併設されたシニア向け賃貸住宅(サ高住)。第2期工事では、ヤギのいる牧場、ドックラン、菜園を併設する。

★詳しいパンフレットと参加申込書はこちら>>>募集パンフレット(PDF)



コメント投稿




powerd by デジコム