ビルダーズマガジン

HICPMビルダーズマガジン第201号

掲載日2013 年 5 月 10 日

MX-3110FN_20130510_092757_001本号ではシー・ランチ・リゾートを特集しました。また本号から新たに『ア・フィールド・ガイド・トゥー・アメリカン・アーキテクチュアー』を、『アメリカンハウススタイル』の応用実践デザイン事例集として、特集連載することにしました。

シー・ランチ・リゾートは、1960年代末に価格され、1970年代から現代まで開発・建設が続いている優れたリゾート開発です。建築家ヘンリー・ムーアがデザインしたシー・ランチ・リゾートは、木造建築保蔵系として早くから日本の建築雑誌にも紹介されて、そのデザインは多くの人に強い印象を与えてきました。

米国では、ヨーロッパも同じですが、国家と国民の関係として、国民の納税義務に対して、国家がどこまで介入し、義務を負うべきかを明確にしています。徴兵義務と同様に国民の国家に対する義務と同様に、国家の国民に対する義務が明確になっています。

その人yす㎏両親の子供に対する養育の義務です。18歳を超えた人間に対し両親のほどをを扶養する義務は消滅し、国家と個人の関係になります。子育ての義務を果たした両親は「エンプティネスターズ〈子育ての終わった親〉」として、もいい千田自分たちの生活を炎上することになります。それを一時は「アクティブ・リタイアメント・コミュニティ」と呼び、各地で取り組まれました。その同じ時代に、ワイルドライフとの生活を憧れた家族を対象に開発されたプロジェクトがシー・サイド・団地です。

2.インターナショナル・アーツ・アンド・クラフツ—

---チャールズ・アシュビー;じぇいね通り37番のダイニングルームのインテリアー、チェルシー

4.若本修治のレポート

ーーー「予算」を聞かない家づくり

5.黒瀬博の「化法用スライスレンガの60分準耐火性能試験視察記

---「どうしてレンガに耐火性能試験が必要なのか」の疑問の応えないで境地ウされている建材性能試験の馬鹿さ加減

6.特集:シーランチ・リゾート

ーーー米国の住宅産業は日本と基本的に違って、購買対象として、抽象的な多数者を相手に企画することはない。誰を対象にするか、対象者の住宅購買能力はどのくらいか。彼らはどのようなライフスタイルを求めており、その少ない支払い能力の範囲で、いかに費用対効果の高い住宅を手に入れるかに関心を絞って住宅供給をする。

住宅単体で供給できる環境は限られていて、住宅地全体の経営を通して住宅購入者の求めているライフスタイルを以下に豊かに実現するかという視点が住宅開発と住宅地経営の鍵になる。ケルプの森にラッコが体を巻き付けて、アワビや貝類を食べて多数生息するシーサイドは、三フラン市区戸から北に3時間もうねうねした道路を飛ばさないと到着できないところである。

開発以来40年を経過し全体で1700戸もの住宅が建設され、そこには子どもたちも一緒にワイルドライフを楽しもうとする家族が住んでいる。ヤギが多数放牧され、シーランチリゾートの草刈りをやってくれるため、住宅地のシンボルキャラクターになっているほどである。1980年代になって、TND開発としてシーサイド(フロリダ)が開発されたが、シー・ランチ・リゾートはその先駆けとなるプロジェクトと言ってよい。

10.竹山清明の街無き講座

---交通・交易の要衝バーフォード(英国:コッツウォールド)

11.渋谷征教の住宅デザインのワンポイント

ーーーユニットプラン(間取りについて)(7)

12.図解 建築のディテール(71)

---キャビネットとカウンタートップ

14.長期優良住宅実現の途・住宅による資産形成実現にための「三種の神器」

---第38回:我が国におけるニューアーバニズムの実践事例(5)

福岡県糸島市において㈱大建が開発した日本で最も進んだニューアーバニズムによる住宅地開発「荻浦がーっデンサバーブ」の開発の特色を5回にわたり紹介した最終回

16.ア・フィールド・ワーク・トゥー・アメリカン・アーキテクチュアー

ーーーコロニアル様式:パーソン・ジョセフ・カービン・ハウス(1683年)、オールド・オグデンハウス(1700年)、クレメント・アイアンズ・ハウス(1677年)シップ・ラップ・ハウス、グレンファーン邸(1783-1853年)

18.新CM(コンストラクションマネジメント)入門講座第15回

---自動車産業と住宅産業の経営の共通性

19.読者からの質問(92)

---ニューアーバニズムニヨルミクストハウジング

書籍注文、編集後記



コメント投稿




powerd by デジコム