ビルダーズマガジン

HICPMビルダーズマガジン第216号

掲載日2014 年 8 月 8 日

MX-3110FN_20140808_151957_001オランダは世界中で最も社会住宅の供給割合の高い国です。社会住宅の考え方は、基本的に、国家は国民に対し、その健康で文化的な住宅を供給する義務があるという考え方を背景に、住宅需要者の世帯構成やライフスタイルに合った適正な規模のj、毛規制な品質を持った住宅を、住宅じゅゆ者の家計支出に見合った負担で供給する義務がある、という考え方に基づいて供給する住宅である。人びとの所得そのものは固定的な物ではなく、世帯構成も固定的でないとすれば、国による受精は、住宅需要者と祖rに供給される住宅との関係で、先の原則気計算された住宅の家賃が、その所得の30%を超える場合には、その分に対して家賃補助を行うのが社会住宅である。住宅を供給する主体には、NPO法人もあれば民間の住宅業者もいる。自由主義国では家賃は市場家賃が経済的合理性を持っているので、その家賃と居住者の家計支出との関係で補助額は決められる。

2.インターナショナル・アーツ・アンド・クラフツ

ーーーぐすたふ・すてぃっくり:だぶるぶっくけーす・きゃびねっと1902ねん

3.カレントトピックス:

--「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル」:国土交通省が行っているお粗末な政策紹介

4.若本修治のレポート

ーーー電柱設置からスタートする日本の住t口開発

5.レンガ建築とレンガの街並み

―――コペンハーゲンの普通のレンガ建築による街並み

7.特集オランダの「社会住宅」とアシステッドリビング

ーーーオランダのライデン及びその近郊にある「社会住宅」を居住者との面談を含めて利用の実態を調査した報告書。オランダでは人の生活として、主体t黄な生き方を支援するという視点で住宅供給がお顔なわrている。その点、日本の「サ・高・賃」(サービス付き高齢者沈地住宅」のように、一見入居者にt買い福祉サービスを割安に提供するような制度になっているが、日本の制度は政府と産業界が結託して「福祉産業という名の下に金儲けをする制度になっている。オランダの場合は居住者が主体性を持って生きられるよう福祉サ―ビルのお仕着せはしない。居住者本位の住環境をサポートしている。住t句事業は物づくりではなく、環境保護である。

10.竹山清明の街並み講座

---ボウネスの業務建築群

11.澁谷征教の住宅デザインのワンポイント

ーーーユニットプラン(間取りについて)(22)

12.図解 建築のディテーㇽ(85)階段(Stairs:ステアーズ)

14.住宅により資産を築く国、失う国 第13回;

---英国皇太子の進めているアーバンヴィレッジ運動

16.ア・フィールド・ガイド・トゥー・アメリカン・アーキテクチュアー(29)(30)

---ヴィクトリアン様式による戸建て住宅と共同住宅

18.実践的CM(コンストラクションマネジメント)講座

---第1回日本の建築工事の見積

19.読者からの質問(107):

---日米住宅産業の構造的な違い

その1「流通業」か「製造業」の違い

20.書籍注文・編集後記




コメント投稿




powerd by デジコム