ビルダーズマガジン

HICPMビルダーズマガジン第221号

掲載日2015 年 1 月 8 日

MX-3110FN_20150108_173352_001「オランダとベルギーの街並みと住宅」を特集連載し、今回はベルギーの古都ブルージュの街並みを扱いました。日本と欧米との最大の違いは、欧米では、都市を土地利用計画によって3次元で作ろうとしているが、都市計画は土地利用計画とそれに対応する宅地造成で完了し、その上に建築する建築不動産は土地と独立した不動産と扱うとする日本の違いにあります。その基本は日本の民法に土地と建築物をそれぞれ独立した不動産と阿多浮かうことが規定されていることと、それに対応して都市計画法が土地を扱い、建築基準法が建築物を扱うという行政が行われていることにあります。その上、欧米では建築物は土地を建築加工する手段で、建築的に加工された都市空間は永久的に生き管理されるためその資産価値は推定再建築費として計算され物価上昇以上に上昇すると考えられているのに対し、日本では建築物は減価償却する償却資産と考えられスクラップアンドビルドの対象とされていることにあります。さらに欧米では住宅・建築都市は人文科学として扱われる生活歴史文化空間と扱われているのに対し、日本では物づくりと言う建設工学(土木工学及び建築工学)で扱う物理的な陽気でしかありません。

2.インターナショナル・アーツ・アンド・クラフツ

ーーーフランク・ロイド・ライト:塗装したスチール製肘掛椅子、1904年

3.カレントトピックス

ーーー住宅政策不在の住宅取り壊し条例

4.若本修治のレポート

ーーー空から見た中山間地と地域のダウンサイジング

6.特集:オランダとベルギーの街並みと住宅

---ベルギーの古都ブルージュの街並み

中世都市としてハンザ同盟の中核的な役割を果たしていたブルージュは、中世においてベニスを上回る繁栄を誇っていた。英国から羊毛を輸入して絨毯や毛織物で大きな富を挙げていた。またメディチ家が店を出し、金融面でも重要な役割を果たしていた。ブルージュが最も栄えていたとき、北海の流砂により港湾が使えなくなり歳は最も栄えているときに突然死に見舞われる。その富の集積がその後の観光都市の気bンとなっている。都市全体が世界遺産であるだけではなく多くの建築物も世界遺産の七を受けている。

10.竹山清明の街並み講座

---ストラットフォード・アポン・エーボンの郊外住宅地

11.澁谷征教の住宅用語の解説紹介

---「デイベッド(Day bed)について

12.図解 建築のディテーㇽ(最終回)(90)

---築各部納まり詳細

14.「聖域なき改革」第4回:

---米国と同一生産性の住宅を工学で販売する大手ハウスメーカー

16.ア・フィールド・ガイド・トゥー・アメリカン・アーキテクチュアー

ーーーヴィクトリアン様式

18.実践的CM(コンストラクションマネジメント)講座第6回

---こうむてんけいえいかいぜんのt絵のアメリカのホームビルダー経営

19.読者からの質問(112)

---「住宅の価値」と「適正販売価格」

20.書籍注文書/編集後記





コメント投稿




powerd by デジコム