ビルダーズマガジン

HICPMビルダーズマガジン第223号

掲載日2015 年 3 月 11 日

MX-3110FN_20150311_091241_001『オランダとベルギーの街並みと住宅』を特集し7回目になります。全体で8回の予定ですが、オランダとベルギーの現地見学と併せて文献調査研究を行って、その興味はどんどん広がっていきます。特に日本との関係でも、特殊な例をお話ししますと京都の祇園祭の大きなだしの周囲を飾る緞帳の中の国宝とされているものの多くはベルギーでおられた絨毯です。英国で育てられた羊の屁バベル技0のブルージュやゲントの毛織物産業の下で絨毯に織り上げられて、地球の反対側にまで輸出されて来たのです。そしてその緞帳の絵画がギリシャ神話のほめーろす。おでゅせうすやキリスト教関係の聖書の物語と言うことを知ると、興味は一層深まると思います。国土の4分の一が海水面以下にある所を感慨と風車の力で陸地にした歴史をもつオランダを知ると、東日本大震災の復興について、オランダに学んでおれば、震災後4年間瞑想して、被災者に大きな苦しみと絶望を与えたにhん政府の取り組みが避けられたのではないか、今でも遅くはない、オランダに学んだらと言う気がしています。

2.インターナショナル・アーツ・アンド・クラフツ

ーーージョセフ・ホフマン:ぶりゅセルのストクレットダンスホール

3.カレントトピックス

ーーー不発弾(破産)に気付かぬふりをして生活している日本人

4.若本修治のレポート

ーーー伝統的町並みを守るための創造的破壊

6.特集:オランダとベルギーん街並みと住宅

---第7回「過去の栄光を誇る町ゲント」

ブルージュと並んで中世のベルギーの毛織物の産地として反映したゲントは、現在においても当時造られたギルドの栄えた町にいようが観光の焦点になっている。この街は絵画の栄えた町で教会や美術館では優れた絵画が手で触れる距離で干渉することができる。かつて東ローマ帝国から神聖ローマ帝国の時代の中心がこのベルギーにあり、当時のヨーロッパをほとんどその支配下に置いたカール5世の出身地がゲントである。

10.竹山清明の街並み講座

---リバプールの街角(現代建築と歴史建築)

12.「オランダ、アメリカ、にhんの住宅」(第2階)

-ストックの住宅とフローの住宅文化比較

14.「聖域なき構造改革」第6回

---正規なき構造改革とアベノミクス

16.ア・フィールド・ガイド・トゥー・アメリカン・アーキテクチュアー

(43)、(44)ヴィクトリアン様式

18.実践的CM(コンストラクションマネジメント)講座、第8回)

19.読者からの質問(114)

---CM(コンストラクションマネジメント)が日本に定着しない理由

20.書籍注文書、編集後記、




コメント投稿




powerd by デジコム