ビルダーズマガジン

HICPMビルダーズマガジン第234号

掲載日2016 年 2 月 12 日

MX-3110FN_20160212_161123_001HICPMビルダーズマガジン第234号は、特集記事としてシルクロードの都市の復興:中世イスラム社会の英雄アムールティムールの偉業を取り上げました。シルクロードの中心はそれぞれの見方でたくさんありますが、私はシルクロードが造られたもっとも初期の時代に世界経済の中心となった所という意味でサマルカンドを取り上げました。現代の日本の人たちに取ってサマルカンドと言っても知っている人はきわめて少ないと思いますが、世界では全く違うと思います。サマルカンドがウズベキスタンという国に合って、その首都はタジキスタンでサマルカンドではありません。日本ではウズベキスタンという国についても知らない人が沢山います。しかしウズベキスタンの人にとってこの国への第2の経済エンジ国として日本の古都はよく知られているだけではなく、かつて日本人の捕虜が建設したオペラハウスが自沈にも壊れなかったことでその成果であるオペラハウスを通して日本人に対して交換をもち、日本人の墓地を大切に守ってくれていることは、大変うれしいことです。丁度ヨーロッパでルネサンスの時代、東西交易が盛んになったサマルカンドは、かつての繁栄をティムール王国の繁栄として世界に誇ることになりました。

2.インターナショナル・アーツ・アンド・クラフツ

ーーーポール・リ部屋^・ポタリー:花のモチーフでデザインされた花瓶

3.かれんととぴっくす:

---迷走する「資産価値のある住宅」

4.若本修治のレポート:「事業用借地契約」終了後の土地活用

5.アミールティムール(ウズベキスタン)タシケント、ブハラ、ヒヴァ、しゃぶりサブス、:

シルクロード中心都市の中興の祖に因む町

6.特集:シルクロードの都市の復興:

---世界の4大文明(メソポタミア、エジプト、インダス・ガンジス、黄河)序時代に引き続きヨーロッパ文明は地中海中心のギリシャからローマに映り、シルクロードを使ってアジア、インド、黄河(中国)と結ばれ、それぞれの文化・文明県は相互不可侵の交易相手として反映しました。

ルネサンス時代はチンギスハーンによる大きな破壊の時代の後に再び漢民族による(明)国家が形成され、神聖ローマ帝国、ビザンツ帝国、オスマン帝国、ティムール王国がシルクロードによって結ばれた時代です。巨大な帝国は相互に交易によって経済的繁栄を図りましたが、今回私が訪問したウズベキスタンのサマルカンドは、アミールティムールがかつてのサマルカンドの繁栄を再願した国王で、、イスラム教国ではありながら、アラビアにイスラム教国として反映していたオスマントルコとは違った大きな文化圏を形成していました。現在私たち名タシケント、ブラハ、ヒヴァ、しゃふりさばブスなど、中世に繁栄した都市を訪問し、当時の繁栄を見ることができました。

中国が「1帯1路」政策を展開していますが、かつてのティムール王国の繁栄を考えると東西交易が如何に大きな富をもたらしたかを知るとともに、現在中国がその時代の経験を学ぼうとしている関係を知ることができます。

10.竹山清明の街並み講座:マチルダの丘

―--19世紀末にヘッセン対抗であったエルンスト・ルートビッヒが芸術村を造った地区が「マチルダの丘」と言われる所です。そのマチルダの丘の街並みの調査報告です。

11.渋谷征教の住宅デザインのワンポイント

ーーーベトナム・ハノイの住宅。この地には英国や米国の街づくり技術が盛んに開発に取り組んでいて、そこには植民地時代のフランス時代の西洋文化と並んで魅力的な住宅都市夢ん化が解はしている。

12.オランダ・アメリカ。日本の住宅(第3回):大学街ライデンの生活と街並みの環境の科学

---現代のオランダの町を見ると、基本的に現代のオランダ人が楽しめるような街に向けて改善が図られ続けていることが解かる。既存の街を如何に現代の人が楽しむことができるかにオランダ人の関心が向けられている。何時も皆が住みたいましとすることによって、オランダの住宅はいつも売り手市場を維持する街が形成されていて、その資産価値が常に生き向上されている。

14.「聖域なき構造改革」第17回:公営住宅家賃と減価償却理論の誕生

―--わが国の不動産鑑定評価制度に取り入れられている減価償却制度の期限が公営住宅の谷内制度から田島っている歴史の解説である。

16。ア・フィールド・ガイド・トゥー・アメリカン・アーキテクチュア

ーーー宗教建築:ネオクラシカル様式

18実践的CM(コンストラクション・マネジメント)講座第19回

---建設業経営の原点に立ち返って、見積もりの問題を取り扱っている

19.読者からの質問(125):

―--リモデリングとインスペクション:インスペクションの重点は使用材料や住宅設備の経年劣化の状況の調査である。

20書籍注文と・編集後記




コメント投稿




powerd by デジコム