ビルダーズマガジン

HICPMビルダーズマガジン第240号

掲載日2016 年 7 月 29 日

20160729171342_00001本号では「ミャンマー・ヤンゴン視察ツアー」を取り上げました。アウンサン・スー・チーは大統領にななれませんでしたが、政権を事実上完全昭和駆使、しかも優秀な労働力太育てられながらも現在のところ、先進工業国の経済進出がまだ初期段階にあり、そこの低賃金労働力は大きな魅力になっています。日本企業ア護送船団を組んで安全に進出hしようとODAを使った開発援助を使って日本からの進出企業の安全を保障した形での経済進出を進めています。

日本では戦後「ビルマの竪琴」という子供の本でそこで戦死した同僚の慰霊に努める話が国民に第2次世界点線の悲しい思いを伝えることになり、ビルマという名前は広く国民の記憶にとどまっていますが、これまで経済関係は弱く、これから一挙に拡大すると考えられています。gン材は中学との経済進出が最も厳しい対立となっています。

2.インターナショナル・アーツ・アンド・クラフツ;

---フィリップ・ウエッブ:金箔装飾付きの木製ビ堯背もたれ付き長椅子、1865年

3.カレントトピックス:行き詰まった日本の住宅政策の向かうべき方向

---1976年住宅建設計画法のとき決められた35年超長期住宅ローンが日本の住宅産業の高価格体質を決定し、その影響が不等価交換販売と不等価交換金融を定着させてきた。それが住生活基本法時代になっても踏襲され、国民に不幸をもたらしている。

4。若本修治のレポート

---景色に溶け込む建物と、スタンダードデザイン

5.ヤンゴンの英国植民地建築と仏教寺院パゴダ

---ヤンがオンはミャンマーの首都ではなくなって、英国植民地時代のお植民地建築はそのままヤンゴンに残っているが、その歴史的デザインはしっかりして参考になる。

6。特集:ミャンマー・ヤンゴン視察ツアー報告

---「家族に外国人であるものがいる政治家は、大統領に就任できない」という規定により、大統領職への就任はできなかったが、アウンサンスーチーは大統領以上の政治権力を握っている。それはミャンマーの軍事政権自身がミャンマーの経済成長を望み、そのためにはアウンサンスーチーと西側諸国との関係を生かした経済開発に期待しているためであるといわれている。急激な経済開発はその他の発展途上国で見られる通り、国家の文化を破壊する恐れが強い、。優秀な労働力を有するミャンマーは先進工業国だけではなく急成長してきた中国のような発展途上国にとっても経済的な魅力のある国で、ここへは経済雪崩が襲い掛かろうとしている。

10.竹山清明の街並み講座

---ベネチアビエンナーレ会場付近

11.渋谷征教の住宅デザインのワンポイント{46}

---ロサンジェルスの大規模開発地(プラやビスタ)

12.オランダ・アメリカ・日本の住宅(第19回)

---オランダの最終回(アムスtルダムとライデン)

14.「聖域なき構造改革」第23回:

---日本がモデルにした工業化政策住宅政策を行った米国

16.ア・フィールド・ガイド・トゥー・アメリカン・アーキテクチユアー

---宗教建築:アーリーヴィクトリアン、ゴシックリバイバル

18.実践t期CM(コンストラクションマネジメント)講座

---CMの前提になる欧米の設計図書

19.読者からの質問(131)

---西欧の近代建築と植民地建築デザイン

20。書籍注文・編集後記


13




コメント投稿




powerd by デジコム