ビルダーズマガジン

HICPMビルダーズマガジン第241号

掲載日2016 年 8 月 29 日

20160829163253_00001本号では市場セミナーをトライしてみました。住宅地開発技法としてニューアーバニズムによる開発を、読者の皆さんにご紹介する市場セミナーです。HICPMは過去約20年間、全米ホームビルダー協会{NAHB}が推進した国民に資産形成を実現する住宅及び住宅地開発を国内への技術移転を実践してきて、多くのHICPM会員の住宅地開発で、それを実践してきました。その成果は『サステイナブルコミュニティの実現』(HICPM刊)で出版物にしてきましたが、それをもう一歩進めて、最小限規模の土地で実現する開発モデルを本号では紹介することにしました。英国のチャールズ皇太子が『ヴィジョン・オブ・ブリティン』の中で、最小限規模の環境の守られる住宅地として、中心にコモングリーンを持ち、その周りに6戸程度の住宅が囲む住宅地は、周辺環境が悪化してもその住宅環境は守られるといい、その規模はハーフエーカー(2000㎡といわれています。HICPMはこれまで会員の事業としてその規模の開発を試行錯誤を繰り返してきました。その成果を本号に取り上げました。

2.インターナショナル・アーツ・アンド・クラフツ

---フィリップ・ウェッブ:アジャスタブル・バック・チエアー

3.カレントトピックス

---所得の平準化とアグリカルチュラルアーバ二ズム:先進戸業国を襲っている所得の頭打ち、べタク傾向の中で、せつぃ所得を高め、家計支出を抑える取り組みが欧米では盛んに取り組まれている。その中で農業を生活に取り入れる取り組みをアグリカルチュラルアーバ二ズムといい、広く取り組まれている。

4.若本修治のレポート

---長期にわたる土地利用活用と建物用途

5.ニューアーバニズムの実践の代表事例

---オランド{フロリダ州}セレブレイショんとボルードウィンパーク

6特集:ニューアーバニズムの実践

---欧米の住宅政策の基本に流れている思想と技法

この特集では食う宅により資産形成を実現してきた欧米の経験を謙虚に学んだ結論として、住宅購入者の家計支出で購入することができるように、いかに無理、無駄、斑を排除して、合理的な方法でコストかったを吃減するかという方法をモデルを使って実践した。2000平方メートルの土地{40メートル×50メートル}で、その土地に対する外部からの道路アプローチが吹き員4メートルの道路が4メートル程度接しているだけで、あとはリンチに接しているという厳しい条件で、どれだけの住宅を優れた環境を確保して開発できるかにチャレンジした。その結論として一戸当たり150㎡の2階建て住宅(全十戸に2台の自家用車を収容できるビルトインガレージ付き)を14戸建設し、その住宅地の中央に400㎡の高木の育つ公園を計画することを可能にした。この開発計画はニューアーバニズムの考え方を取り入れたもので、個数密度はヘクタール当たり70個という高いもので、経営的にはお子においても十分競争可能である。この開発では日本の都市計画法と建築基準法による姉妹法の関係をしっかり理解していないと開発を円滑に進めることはできない。

10.竹山清明の街並み講座。

---ベネチア・ビエンナーレの市にの展示場

11.渋谷政教の住宅デザインのワンポイント

---プレア・ビスタの「ワークショップ」

12.オランダ・アメリカ。日本の住宅(第20回)

---オランダの街ナム(ライデン、デンハーグ、出る太)

14.「聖域なき構造改革」だい24かい

---雛壇造成と都市改造土地区画整理

16.ア・フィールド・ガイド・トゥー・アメリカン・アーキテクチュアー

---ヴィクトリアンゴシック、リチャードソン・ロマネスク

18.実践的CM(コンストラクションマネジメ講座第26回

---設計図書に優先する見積書の基本問題

19.読者からの質問(132)

---宅地造成、徳地開発、都市開発、街づくり、開発行為

20.書籍注文書・編集後記




コメント投稿




powerd by デジコム