米国ニューアーバニズムによる住宅デザインと住宅地開発視察ツアー

ヨーロッパからの住宅デザインの宝庫であるアメリカン住宅デザイン、特にニューオリンズでは南部コロニアル様式、サンフランシスコではビクトリアン様式を、住宅の内覧も含めて研修、さらに住宅地開発の手法の研修など、これからの日本の未来に欠かせない「資産価値の上昇する住宅と住宅地」のすべてがわかる8日間の充実ツアーです!

◆ 視察期間 : 2018年2月14日(水)~2月21日(水) 8日間

◆ 視察コース: ニューオリンズ ~ サンフランシスコ

◆ 団 長 : 戸谷英世 NPO法人住宅生産性研究会(HICPM)理事長

◆ 視察費用 : 一般=¥438,000 (燃油サーチャージ、TAX等含む)

            住宅生産性研究会会員=¥428,000( 同上 )

◆ 研修企画:NPO法人住宅生産性研究会(HICPM)

◆ 旅行企画・実施:ティ・シィ・アイ・ジャパン株式会社

  観光庁長官登録旅行業第1139号  〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-1-20

◆ 受託販売:株式会社グローバル研修企画www.hgkk.co.jp

   東京都知事登録旅行業3-5710 〒102-0072東京都千代田区飯田橋2-13-3

TEL:03-3230-4876 FAX:03-3230-2557  Email:kobayashi@hgkk.co.jp

★詳しいパンフレットと参加申込書はこちら>>>18米国住宅パンフ(PDF)

HICPM入会案内

HICPMへは、住宅についての知識・技術を研鑚しようとする方はどなたでも入会できます。住宅の本来のあり方を勉強したい方、追求したい方。私たちと一緒に学び、豊かな住環境をつくりませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です