ニューイングランド・コロニアル様式

 

英国から米国に渡った人々は、様々な形の自由を求めてやってきた。中でも主として信教の自由を求めて渡米した清教徒(ピューリタン)達は、北部のニューイングランド地方にやってきて入植したのに対し、経済的自由を求めて肥沃な南部のバージニア地方に、タバコの生産など経済の自由(利潤の追求)を求めて移民した人々がある。自由• 平等と 言っても、その内容は多様であり、その中には敵対するものもある。しかし、アメリカは、常に様々な意味での自由と 平等を追求しつづけているという意味で、未来(彼岸)に向けて、絶えず努力している国なのである。

 

[ハーフティンバー構造(軸組柄差工法)]

北米には豊かな針葉樹林があり、英国の ハーフティンバー構造によって使われていた広葉樹が 針葉樹に置き換えられてつくられた。その構造の基本は、ジェティ (2階部分が1階外壁より張り出した構造) のある住宅で表側を通し柱にしないものが多く、床版の上に壁がつくられていると誤解され、日本の木造建築研究者により 戦後のプラットフォーム工法の原型だとする誤った解説がある。

 

 

[ケープコッド型]

英国からの移民が最初に上陸した地点がニューイングランドのケープコッド(コッド岬) である。そこで 英国からの移民が最初に建てた住宅が 矩形平面、切妻屋根 平入り 対称型デザインの住宅である。


[ソルトボックス型]

ソルトボックス型の住宅は、切妻型の2階建住宅の裏側の庇を1階部分まで延ばして、裏側からは平屋建てに見え表は2階建の住宅形式で、塩入れに似ていたことからソルトボックスという名がつけられた。

 

(注)スタイル(Style)は様式を言い、タイプ(Type)は型式を言う。ニューインクランドスタイル(様式)はケープコッドタイプ(型式)の住宅にも、ソルトボックスタイプ(型式)の住宅にも採用されている。

 


海外研修ツアー&HICPMセミナー

欧米の資産価値が上がる住宅地と歴史文化に育まれた都市を視察するツアーや、ビルダー経営の手法など、住宅の様々なセミナーを常時企画しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です